交通事故の示談交渉は、一度するとやり直しが出来ませんので、有利に進めるポイントを抑えておきましょう。

交通事故を示談交渉で解決する

示談とは、当事者同士で話し合いをして解決することですが、一度示談すると、その後やり直しが出来ませんので、慎重に話を進めなくてはいけません。

示談交渉を有利に進めるには

不満があれば承諾をしない

示談条件に少しでも不満や納得できない事があった場合には、絶対に安易に承諾しないで下さい。

事前に示談金の相場を知っておこう

示談交渉を有利に進めるためにも、必ずどれくらいが相場なのかというのを知っておきましょう。

解らないことを聞かれたら後日回答にする

もしも、話し合いをしている時に解らないことを聞かれてしまったら、その場で曖昧な事を言わずに後日回答にして下さい。

全ての損害が確定したら示談交渉をしよう

示談交渉をするタイミングは、絶対にすべての損害が確定した後にしないと、有利に進められなくなる恐れがあります。

不安だったら弁護士に依頼しよう

示談交渉を得意とする弁護士に依頼をすれば、慰謝料の増額や面倒な手続きを一任する事が出来ます。

トラブルを大ごとにはしたくない

交通事故

交通事故が起きたときに一番怖いことは大けがをしてしまうことですが、仮に大事に至らなかったとしても話はそれで終わるとは限りません。通常は事故を起こした方が、被害にあった人に何らかの形で謝罪をしなければなりません。この時にお互いが感情的になってしまうと、話がもつれてしまい、なかなか問題が解決しないことがあります。最悪の場合は裁判沙汰になってしまうこともあるでしょう。そうした事態を避けるために示談を行う方法が考えられます。示談は双方の話し合いによって、問題を収集する方法です。この方法ならば、余計な手間がかからないため、多くのメリットがあります。もしも交通事故に巻き込んだり、巻き込まれたりしたときは示談による解決が望ましいです。

短期間で話がまとまる

交通事故

交通事故の際、示談が好ましい理由の一つが、問題を早期解決できる点です。通常裁判所の期日は、月に一度しか設けられておらず、さらに何度も足を運ぶ必要があります。当然ながら書類等の事務処理にも膨大な準備期間が必要です。もしも裁判沙汰になれば、最終的な解決までに早くても数か月、遅ければ何年もかかってしまいます。これではいつまで経っても話が進まないため、双方疲れ果ててしまいます。示談であれば、もっと短期間で話がまとまりますのでずっと時間的な損失が少ないです。

経済的な負担が少ない

交通事故

他にも交通事故で示談をした方が良い理由として経済的な問題が挙げられます。もしも裁判になれば、通常は弁護士を雇う必要が出てきます。弁護士を使うためにはかなりの費用が必要になりますので、酷い場合には裁判で得られる賠償金よりも弁護士費用の方が高くなってしまうケースもあります。裁判で相手を打ち負かせれば、感情的に気持ちが良いかもしれません。ですが、経済的なことも考えると、示談に持ち込んである程度の金銭で解決する方が無難だとも考えられます。

徳永高法律事務所

不動産トラブルや交通事故の問題などにも対応してもらえるので、福岡で弁護士を利用したいならチェック。

士道法律事務所

相談までの流れを調べておくことができる!交通事故で弁護士に大阪で依頼したいと思っているならこちらからとなります。

税理士法人優和東京本部

港区で税理士がしっかりとサポートしてくれるので、やっかいなトラブルを解消したいなら相談してみるといいですよ。
既に支払ったお金を取り戻すことが出来るんです!返済金の過払いは大阪の専門家に相談して解決すると良いでしょう。

税理士法人プラス

相続が発生した時にこれは必ず行ないましょう!相続税申告は税理士に相談して問題を解決。

広告募集中