大阪で交通事故問題に強い先生に頼るとき、着手金無しでのお願いも可能で、弁護士費用を相手に請求できます

HOME>トピックス>事故にあった人が問題を解決するために必要となる、お金の負担を軽くする方法を紹介します

目次

依頼時に必要となるあの費用は無くせます

相談

大阪で交通事故にあったあとに、相手方とお金のことについて交渉するとき、弁護士に相談することができます。その場合10万~20万程度の着手金を払い、先生に動いてもらうことになりますが、お金を用意できない人もいるでしょう。消費者金融からお金を借りて、着手金を用意すると言う方法はありますが、金利がどんどんついてしまいます。そんな場合におすすめなのが、着手金無しで対応してくれる、大阪で活躍する弁護士先生にお願いすることです。先生へのお礼は、事故を起こした相手方と裁判をした結果受けとることになる損害賠償金から払えるので、依頼しやすいでしょう。

あの費用を相手に負担させる方法があります

交通事故を起こした相手方を訴えて損害賠償金を勝ち取るときに、大阪の弁護士に相談する場合、その費用は依頼者が負担することになります。着手金0円で対応してくれる先生にお願いした場合、たとえば回収額の10%に加えて20万をお礼として払います。実は弁護士費用を相手方に負担させると言うこともでき、裁判するのであれば、加害者に請求した方がいいのかもしれません。方法は、裁判を起こす場合に原告は訴状と言うものをつくりますが、この訴状に弁護士費用を請求すると言うことを記載すれば大丈夫です。裁判の判決で出された損害賠償金のおおよそ10%が、弁護士費用として認められ傾向がありますが、もっともらえる時もあります。

広告募集中